CLOSE
CLOSE

ACCESS

学校法人日本医科大学

〒113-8602
東京都文京区千駄木1-1-5

03-3822-2131

学んで、読んで、いきいきけんこう。 意気健康

体が発するSOS  むくみ

Webマガジン 体が発するSOS、むくみ 酒井行直

むくみは普段の生活の中で感じることが多い症状であるため、命にかかわるような大きな病気が出すサインの一つであると聞いても、ピンとこない方も多いかもしれません。実は、私たちが普段感じている「立ちっぱなしでいる時に生じる足のむくみ」は、医学的にいうむくみとは別のものなのです。では、病院に行くべき危ないむくみとは、一体どのような症状のことをいうのでしょうか。もしもの時に正しいタイミングで受診をするためにも、今回はむくみの原因から治療方法まで、日本医科大学付属病院腎臓内科の酒井行直(さかい・ゆきなお)先生にお話を伺いました。

むくみとは?

 

むくみは、医学的には「浮腫」と呼ばれ、何らかの原因で体を構成している血管から水分が漏れ出てしまい、筋肉や皮膚の隙間に溜まってしまう症状です。「むくみ」とは正しくは病名ではなく、その状態を表す言葉です。一般的に長い間立ちっぱなしの状態などで「足がむくんだ」と表現される症状は、これとは異なります。一般的にいわれている「むくみ」は、立ちっぱなしや同じ姿勢が続くことで、主に足の血管が腫れ、ふくらんでいるだけです。これは上半身に戻るべき血液が下半身に滞っている状態であるため、弾性のストッキングや、締めあげるタイプのソックスなどで、すぐに改善することが出来ます。
図1:むくみのメカニズム一方、医学的にいわれるむくみは、血管の中を流れていくはずの血漿などが、血管内に留まることが出来ずに血管外に漏れ出てしまう症状です(図1)。そのため、足などの太さや腫れを感じるとともに、血管から流れ出た水分で体重が増加してしまいます。むくみを感じた際に、それが医学的なむくみ症状かどうかは、膝下のいわゆる弁慶の泣き所あたりを指でぐっと押す方法で判断出来ます。押した跡が残るようであれば、医学的な意味合いでのむくみである可能性が高いので、医療機関を受診したほうがよいでしょう。

むくみの原因について図2:むくみがおこる過程

むくみはほとんどの場合、心臓から送りだされる血液が体中をめぐる過程で、何らかの原因によってその流れがせき止められてしまい、行き場をなくした水分が血管の外に溢れてしまうことで起こります(図2)。心臓に原因がある場合には、全身を回った血液が戻る心臓のポンプ機能に異常がある「心不全」が、肺に原因がある場合には心臓から肺に繋がる肺動脈の血圧が高くなり起きる「肺高血圧症」が主な要因となります。
他にも肝臓や腎臓、子宮、卵巣、腸の不調もむくみの原因となります。膝に血栓があると膝から下がむくむなど、原因がある場所によって、むくみが発生する場所も変わります。図3:むくみがおこる疾患一覧また、血液そのものが水分を保つ力が弱くなった場合にも、むくみは発生します。血液そのものに問題を及ぼしてしまう代表的な病気として、ネフローゼ症候群が挙げられます。他にも、甲状腺機能低下症やアジソン病など、ホルモンに異常が起こった場合にもむくみは発生します(図3)。

むくみが起きやすい年齢や性別

心臓や肺の病気によるむくみは、高齢の患者さんに多くみられます。また、心筋梗塞になった後、心不全を起こしむくんでしまうというのは、中高年の男性に多くみられるケースです。骨盤内の子宮や卵巣などを原因としたむくみは中高年女性、アルコール性肝硬変を原因としたむくみは高齢の男性といったように、原因疾患によって性別や年齢層の分布は異なってきます。
年齢や性別にかかわらず多いのは、エコノミー症候群の一歩手前でむくみが発生している状態です。この症状は、太っていてあまり運動をしない方に多く、足の血管に血栓ができ、血流が悪くなることでむくみが起きます。そのまま放置してしまうと、起床時や急に動いた時に血栓が血管の壁から剥がれて流れ出し、エコノミー症候群を発症し、最悪の場合は死亡する危険も出てきます。「心臓や肝臓などに疾患があって病院に通っていたけれど、ある日急にむくみが出た」という場合には、病気に異変が出ている可能性があります。早急に医療機関で受診してください。

プロフィール

酒井 行直先生


【 経歴 】
略歴:
1992年 日本医科大学 卒業、日本医科大学附属第一病院第2内科(腎臓内科) 入局
1995年 慶應義塾大学医学部大学院医学研究科 入学
1999年 慶應義塾大学医学部大学院医学研究科 卒業(博士号取得)
      日本医科大学武蔵小杉病院 腎臓内科 助教・血液浄化療法室 副室長
2008年 日本医科大学武蔵小杉病院 腎臓内科病院 講師
2014年 日本医科大学武蔵小杉病院 腎臓内科 部長・血液浄化療法室 室長
2015年 日本医科大学大学院 医学研究科腎臓内科学分野 准教授
      日本医科大学付属病院 腎臓内科 医局長
      日本医科大学付属病院 血液浄化療法室 センター長

学会・資格など:
日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本アフェレシス学会、日本移植学会、日本医師会認定産業医、米国腎臓学会、国際腎臓学会

 

体が発するSOSの記事一覧

 

こちらの記事は「意気健康 14秋号」の巻頭特集に掲載されたものです。