CLOSE
CLOSE

ACCESS

学校法人日本医科大学

〒113-8602
東京都文京区千駄木1-1-5

03-3822-2131

学んで、読んで、いきいきけんこう。 意気健康

体が発するSOS  めまい

Webマガジン 体が発するSOS、めまい 上田雅之

めまいはふとした生活の中でも感じることのある症状ですが、なかには重篤な疾患の症状として生じることもあります。 めまいの種類によっては生命に大きな危機を与える脳障害を起こしているリスクもあるため、正しく症状を把握し診断することが大切です。 今回は日本医科大学付属病院神経・脳血管内科の上田雅之(うえだ・まさゆき)先生にお話を伺いました。

めまいとは?

めまいとは広辞苑によると、「目が回ること・目がくらむこと」であると記載されています。一方で医学的には、「体の安定感が失われたという自覚的な症状を総称する言葉」として定義されています。 そのため同じめまいという表現でも、人により体感している感覚はしばしば異なるのです。めまいの種類について、英語では明確に分けられていて、ぐるぐる回るように感じる「vertigo(回転性めまい)」、ふわふわする・雲の上に立っているように感じる「dizziness(浮動性めまい)」に大きく分けることが出来ます。浮動性めまいには気が遠くなるような感覚や、足元がふらつくような感覚も含みます。また、原因が脳にある「中枢性めまい」と内耳や前庭神経など耳周辺に原因がある「末梢性めまい」に分類されます。

めまいの原因

図1:めまいを起こす疾患リスト 図2:危険なめまいのチェックリストめまい自体が自覚的な感覚を伝えるものであるため、めまいの原因となる疾患は多岐に渡ります(図1)。回転性めまいの多くは、三半規管・前庭を含む内耳や前庭神経の障害によって起こる末梢性めまいです。この場合には生命的な問題はありません。 しかし、一部では脳血管障害による中枢性めまいもあります。割合として9割は命に別状がないものですが、緊急で対応する必要のあるめまいも存在するため、症状の観察には注意が必要です(図2)。

代表的な疾患について

末梢性めまいには良性発作性頭位めまい症、メニエール病、前庭神経炎があります。良性発作性頭位めまい症やメニエール病は女性に多いといわれています。浮動性めまいには、脳血管障害や脳腫瘍などの中枢神経障害、脊髄障害、自律神経障害、貧血、不整脈などが含まれるため、原因を正しく識別する必要があります。末梢性めまいには生命の危険はありませんが、脳血管障害や脳腫瘍などから起きる中枢性めまいでは重篤な状態に繋がることがあり、細心の注意をするべきです。 特に小脳や脳幹付近の急性期脳血管障害では、脳ヘルニアをきたす可能性があります。
多くの患者さんが悩まれる良性発作性頭位めまい症、メニエール病について詳しく解説しましょう。

良性発作性頭位めまい症
めまいの中で患者さんがもっとも多く、耳鼻科を受診した方のうちの40%前後を占めるといわれています。名前の通り、頭を動かしたときに発作的にめまいが起こる良性の病気です。耳の奥にあり重力を感知する耳石という小さな結晶が、半規管に迷い込んでしまうことが症状の原因となります。半規管内でリンパ液の流れが乱れ、頭の動きを過剰に察知し、強い回転感を感じてしまうのです。

みみ イラストメニエール病
難聴や耳鳴りを繰り返し、回転性のめまいを感じることが特徴です。発作は数分から数時間続き、脳の病気がないことが判断基準になります。メニエール病の原因は、耳の奥を満たしている内リンパ液が増えすぎて、内耳がむくんでしまうことです。急性期の治療では点滴や投薬治療を行いますが、メニエール病については「睡眠をとる」「ストレスを溜めない」「水分を十分にとる」「適度な運動」が発作を抑えることに繋がります。

 

 

プロフィール

【 経歴 】
略歴:
1991年 日本医科大学 医学部医学科 卒業、日本医科大学 第二内科 入局
1997年 日本医科大学大学院 医学研究科修了(医学博士)
1998年 日本医科大学 第二内科 助手
2000年 米国テネシー大学 医学部神経内科学教室 留学
2003年 日本医科大学 第二内科 助手
2006年 日本医科大学内科 神経・腎臓・膠原病リウマチ部門 助手(部門名変更)
2007年 日本医科大学内科 神経・腎臓・膠原病リウマチ部門 講師
2012年 日本医科大学大学院 医学研究科神経内科学分野 講師(部門名変更)
2013年 日本医科大学大学院 医学研究科神経内科学分野 准教授

専門分野:
脳卒中学、神経内科学

資格:
脳卒中専門医、神経内科専門医、認定内科医

公的役職:
日本脳卒中学会代議員・評議員、日本神経学会代議員、日本脳循環代謝学会幹事・評議員、日本神経治療学会評議員

 

体が発するSOSの記事一覧

 

こちらの記事は「意気健康 13夏号」の巻頭特集に掲載されたものです。