CLOSE
CLOSE

ACCESS

学校法人日本医科大学

〒113-8602
東京都文京区千駄木1-1-5

03-3822-2131

学んで、読んで、いきいきけんこう。 意気健康

子どもの病気特集  てんかん

Webマガジン 家族のために知っておきたい医学知識、子どもの病気特集・てんかん 川上康彦

てんかんと聞くと、新聞やTVなどで報じられる交通事故などのニュースから、怖い病気、治らない病気といったイメージを持つ方も多いと思います。実際には、国内だけでも推計で100万人の患者さんがいる身近な病気であり、その多くは正しい診断と治療によって治すことの出来る病気なのです。てんかん症状を知り、身近に起きるかもしれないてんかん症状を見つけて、正しく治療を行うために、今回は、てんかんの医学的な定義から、原因・症状、治療などについて、日本医科大学多摩永山病院小児科の川上康彦(かわかみ・やすひこ)先生にお話を伺いました。

てんかんとは?

子どもの病気特集・てんかん 多摩永山病院小児科川上康彦先生通常、大脳の神経細胞(ニューロン)は身体に命令を送るために電気信号を出しています。この電気信号は整然としたもので、穏やかなリズムを持っているのですが、中には暴走して発作的に過剰放電を行い、痙攣などの症状を引き起こしてしまうことがあるのです。これを「てんかん」と呼んでいます。WHO(世界保健機関)の定義では「てんかんとは、種々の成因によってもたらされる慢性の脳疾患であって、大脳ニューロンの過剰な発射に由来する反復性の発作(てんかん発作)を特徴とし、それにさまざまな臨床症状及び検査所見が伴う」とされています。

 

てんかんの原因について

てんかんの原因は大きく二つに分かれます。「特発性」と「症候性」です。また、区分上、過剰な電気信号が脳の一部に限定されて発作を起こす「部分てんかん」と、過剰な電気信号が大脳の両側に及ぶ「全般てんかん」とに分けられます(図1)。

特発性とは、CTやMRIあるいは血液検査などの診断技術を用いても原因が分からないものを指します。しかし病状の見通しについては良好な場合が多く、特発性であれば、小児てんかんでは一部の病型を除いて全体の約80%の方が薬物治療により症状が改善します。

一方、症候性とは原因が特定されていることを指しています。症候性てんかんは、事故などによる脳への外傷や、脳梗塞、脳出血、脳炎、時には先天性の奇形などが原因となって引き起こされています。原因となっている傷などを治療することが出来れば、てんかんの症状も治まるようになりますが、その傷などの治療が難しいことが多く、残念ながら発作を止めることが出来ないこともあります。
 

子どもの病気特集・てんかん 図・1 原因と症状によるてんかんの分類

 

てんかんの初期症状、初発年齢などについて

子どもの病気特集・てんかん 図・2 てんかんの年齢別発症率てんかんを専門としている医師の間では、てんかんの患者さんの数は人口の約0.5%~1%の間くらいで、国内で約100 万人と推測されています。一般の方にとっては、イメージよりも患者さんの数が多いと感じられると思います。発症時期に関しては小児期(15歳未満)と高齢者がほとんどです(図2)。

てんかんは発作性、反復性の症状が特徴的です。がんや糖尿病のように、他の病気を引き起こすようなことはなく、基本的には同じ症状を繰り返します。てんかんの基本的な症状は、皆さんのイメージにもある全身痙攣です。しかし、てんかんは大脳神経細胞の過剰な放電が原因ですから、脳全体への影響から運動機能や五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)などに異常が起こり、見え方や聞こえ方に変調をきたす場合もあります。脳の影響範囲は広いのでまれに、腹痛の症状だけを訴えるタイプのてんかんの方もいます。

小児期のてんかんが多いことは前から知られていましたが、最近の調査報告によって、高齢者のてんかんも多いことが分かってきました。高齢者の症状としては意識が無くなり動作が止まって、呼びかけても反応が無くなるタイプのものが多く、見逃されてきたと考えられます。日本の高齢化に伴い、年配の方が増えてきたことと、医療従事者の認識が進み、てんかんと診断されるケースが増えてきたのです。

 

てんかんの検査、診断について

てんかんの診断は、その代表的な症状である発作を確認することが基本となります。発作は問診と脳波測定などにより確認します。てんかんの症状が起きている時には、患者さん自身に自覚症状が無いことが多いために、最近では、長時間のビデオ脳波モニタリング検査(vEEG)行い、てんかん症状がでている時の脳波を計測し、より正確な診療を行うことが主流となってきています。日本医科大学においては武蔵小杉病院にモニタリング装置を備えていますので、他の診療科とも連携をして診断から治療まで行っています。

痙攣症状を伴う病気は、てんかん以外にもあります。熱性痙攣は乳幼児にみられ、38 ℃以上の発熱に伴って起こる、いわゆる熱によるひきつけです。日本での発症率は8%といわれ、遺伝的要因の関与が指摘されています。約60%の方が痙攣症状を1回だけ発症して再発はしません。つまり、熱性痙攣がくせになることはありません。脳波も正常であることが多く、てんかんとは全く別のものです。

 

てんかんの治療について

子どもの病気特集・てんかん イメージ

1.薬物治療

てんかんの治療は、まず薬から開始する場合がほとんどです。てんかんの薬は原因そのものを治すわけではなく、症状を抑える役割を担っています。特に特発性てんかんの場合は、薬によって症状を抑えているうちに脳波の異常が自然に治まるケースが多いです。多摩永山病院では10種類くらいの薬から、症状にあわせて組み合わせながら処方しています。最近話題になっている欧米発の優れた薬のなかで、この数年間に日本でも承認された4種類のいわゆる「新規抗てんかん薬」も処方可能です。

同じ原因によるてんかんの場合でも、年齢や性別などの身体的特徴、他の薬との飲み合わせ、過去の副作用などを考慮しながら治療薬を選択していきます。治療中の寝不足には気を付ける必要があります。規則正しい生活をして脳を休めていただくことが治療にも良い影響を及ぼすからです。また成人の方にはアルコールを控えていただくようにお願いしています。

てんかん治療で使う薬は作用が脳全体に及ぶために、服用後の眠気やふらつき、食欲の減退・増進などの副作用が報告されています。また、一部のてんかん薬では白血球減少が報告されています。小児期の発達段階に服用すると、薬によっては、学習障害が出るのではないかとの指摘もあるのですが、因果関係は明確になっていません。個別の患者さんの例では、薬を飲んでいても成績優秀だった方もいますし、一方逆に発達に問題が生じる方もいます。治療の効果と副作用をよく知り、医師と相談して治療方針を決めていくことが大切です。

2.手術

子どもの病気特集・てんかん イメージ最近では、手術技術の進歩と、手術による治療効果の国際的な認知によって、日本でもてんかんの手術が注目されるようになってきました。薬ではコントロール出来ない症状がある方を対象に手術が検討されます。手術では主に発作の原因となっている部分(てんかん焦点)を切除することになります。てんかんの原因のところでご説明した、症候性てんかんが手術に向いていると考えられます。医療機器の進歩により、原因部位を見つける精度が高まってきたことも手術が注目されている要因です。  

薬や一般的な手術によっても治療効果がない場合には、「迷走神経刺激療法(VNS)」という治療方法も選択肢として考えられるようになってきました。現在では主に欧米を中心にこの治療法が行われています。具体的には、脊髄の上部にある迷走神経と呼ばれる箇所に電極をつけて電気刺激を送ります。これにより、てんかんの発作回数減少や、症状の軽減が報告されています。日本医科大学では迷走神経刺激療法手術認定医である武蔵小杉病院脳神経外科の太組一朗(たくみ・いちろう)医師が中心となって治療にあたっています。

3.ケトン食を用いた治療

日本ではあまり馴染みがないのですが、ケトン食を使った食事療法も存在します。ケトン食とは糖質(炭水化物など)を減らして、脂肪を増やした脂っぽい食事のことです。体内で、てんかんに作用を持つケトン体の生成を促す食事療法で、目立った副作用が少ないことも特徴の一つです。栄養バランスが偏らないために医師や栄養士の指導の下、行うことになっています。
 

日本医科大学のてんかん治療への取り組み

子どもの病気特集・てんかん 多摩永山病院小児科川上康彦先生日本医科大学におけるてんかん診療の歴史は古く、現・名誉教授である橋本清先生が昭和44年(1969)に小児科外来で小児てんかん患者さんの診療を開始してから40年以上も続いており、これまでの患者さんの総数は4千人を超える診療実績を誇っています。また、てんかんの診療には、小児科、神経内科、脳神経外科、精神科、救命救急科など複数の診療科の連携と協力が必要になります。これに対応すべく日本医科大学においては、多摩永山病院を中心として総力を結集し、関係する診療科の医師や看護師を始めとする医療従事者全員が集合する「日本医科大学包括てんかん診療ミーティング」という会議を定期的に行っています。治療成績向上と患者さんの満足度向上に繋がるように活動を継続しています。

最近、新聞やTVなどによっててんかん患者さんの交通事故などが取り上げられていますが、てんかんの患者さんは100万人と推計されるように決してまれな病気ではありません。一般の方にもてんかんの症状などを理解していただき、実は身近であり治癒も可能であるという認識を広めることで、てんかんの持つ必要以上に悪いイメージを払拭していただければと思っています。

 

(構成:ブランド推進室)

(この記事は2014年12月取材時点の情報です)

プロフィール

清水 一雄

【 経歴 】
略歴:1987年日本医科大学卒業、同年小児科学教室・付属病院研修医、1988年国立東静病院(現・(独)静岡医療センター)小児科研修医、1990年日本医科大学多摩永山病院小児科医員、1994年第二病院(現・武蔵小杉病院)小児科医員、1995年〜1997年米国テキサス大学留学、1999年大宮赤十字(現・さいたま赤十字)病院小児科副部長、2002年愛友会上尾中央総合病院小児科部長、2005年多摩永山病院小児科講師、2009年多摩永山病院小児科准教授

専門分野:小児科学、小児神経学、基礎および臨床てんかん学

資格:日本小児科学会専門医、 日本小児神経学会小児神経専門医・評議員、日本てんかん学会専門医・指導医・評議員、日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医・指導医

所属学会:日本小児科学会、日本小児神経学会、日本てんかん学会、日本人類遺伝学会

所属委員:日本小児保健協会代議員、日本アプライド・セラピューティックス学会評議員、日本プテリジン研究会世話人、日本医科大学包括てんかん診療ミーティング代表

 

こちらの記事は「意気健康 12春号」の子どもの病気特集に掲載されたものです。