CLOSE
CLOSE

ACCESS

学校法人日本医科大学

〒113-8602
東京都文京区千駄木1-1-5

03-3822-2131

学んで、読んで、いきいきけんこう。 意気健康

子どもの病気特集  発熱

Webマガジン 家族のために知っておきたい医学知識、子どもの病気特集。発熱 今井丈英

子どもが急に発熱すると、保護者はとても心配になります。ウイルス感染症による、いわゆる「風邪」なのか、それとも他の病気の前兆なのか、あるいは夜間などはどの時点で医療機関に連れて行くべきかなど悩むもことも多いと思います。発熱の原因や性質、対処法をあらかじめ知っておくと、必要以上に心配せずにすみます。そこで今回は、子どもの発熱について知っておいたほうが良い基礎知識という視点で、日本医科大学多摩永山病院小児科の今井丈英(いまい・たけひで)先生にお話を伺いました。

子どもの平熱と発熱

生後1ヶ月以内の「新生児」は、37度前後が平熱であり、生後数ヶ月のお子さんは、体温が37度後半から38度を超えると発熱していると考えます。
普段から熱を測っておくと、お子さんなりの平熱を知ることが出来ますし、熱を測ることにお母さんも慣れることが出来ます。
夜間救急などで保護者の方から「お子さんの発熱」についてご相談の電話をいただく場合には上記の事柄を念頭に受診して頂くかどうか判断しています。もし37度台半ばであれば、「1、2時間後に再度体温を測定して、さらに上昇している場合や、他の症状がみられたら再度ご相談ください」と説明しています。

体温の測定方法

体温計イメージ通常は腋下(脇の下)で電子体温計で測定します。耳やおでこで測定する器具も有りますので、腋下で測定しにくい時には有効でしょう。測る場所によって測定温が少し異なるので留意してください。

 

発熱の原因と年齢

webマガジン巻頭特集:子どもの病気特集・発熱 図1:発熱を呈する疾患発熱の原因で、もっとも多いのはウイルスや細菌などによる感染症です。母体由来の抗体が消失する生後5-6ヶ月過ぎから、こどもは様々なウイルスにかかって発熱するようになります。原因ウイルスには突発性発疹症を起こすウイルスや、「かぜ症候群」をおこすライノウイルスに代表される各種ウイルス。インフルエンザウイルスなどがあります。
細菌感染症の原因菌には肺炎や中耳炎、さらに重篤な細菌性髄膜炎を引き起こすインフルエンザ桿菌や肺炎球菌があります。この2種の細菌は定期予防接種に組み込まれたb型インフルエンザ菌(Hib)ワクチンと肺炎球菌ワクチンによって減少しています。ほかに幼稚園年代から小学校低学年年代では溶連菌感染症による扁桃炎にも罹患しやすい時期です。
感染症以外にも症状のひとつとして発熱が起きる疾患があり、川崎病や若年性関節リウマチなどの膠原病や膠原病類縁疾患、腫瘍性疾患でも発熱を引き起こします(図1)。
また、発熱が起きる年齢も重要です。生後4カ月と4歳のお子さんでは、発熱の原因も異なることが多いためです。生後5-6カ月程度までは前述のお母さんから胎盤を通して授けられた免疫があるので発熱することは多くありません。したがって生後5-6カ月までのお子さんが発熱する場合には尿路感染症や敗血症といった重症な細菌感染症といった緊急性のある病気や、ウイルス感染でも重症なことがあるので注意します。
6歳未満までは発熱の50%以上を感染症が占めますが、6歳を超えると40%程度に下がり、図1に挙げたような他の疾患の可能性が高まります。そのため、小児科医としては、感染症ではない疾患も念頭に置くようにします。なお、「不明熱」というのは、診断がつかない38度以上の発熱が2週間以上続く場合をいいます。
 

発熱のタイプ(熱型)

発熱にはその経過パターンや24時間での変化(日内変動)によってタイプ分けされており、それを総称して「熱型」と呼びます(図2)。「弛張熱」というのは、体温で37.5度以上の発熱があり、かつ日内変動が1度以上ある場合の発熱です。インフルエンザが代表的な例で、マクロライド系の抗生物質が効果的なマイコプラズマ肺炎でもみられる熱型です。「稽留熱」は、日内変動は1度以内ですが、37.5度以上の熱が持続するパターンであり、髄膜炎の時にみられる熱型です。「間欠熱」は、発熱と平熱が同居するパターンで、通常発熱は数時間持続し、尿路感染症などでよくみられます。「回帰熱」は、数日間のみ上記3つのいずれかの熱型がみられ、その後無熱期に入り、そのパターンを3〜10日の間隔で繰り返す熱型です。リンパ腫などの悪性腫瘍でみられるタイプです。このように熱型をみることで、発熱の原因を推定する一助になるのでご自宅における発熱の経過を記録することも有用です。

図2:熱型の種類 弛張熱 稽留熱 回帰熱 間欠熱

発熱における緊急性の有無

発熱はとても一般的な症状で高熱だったら受診の判断がしやすいでしょうが、どのような時に緊急性があるかというのは保護者の方であれば悩まれると思います。そこで大事なのが、お子さんが「いつもと比べてどうか?」ということです。38度台の熱があっても元気で食事も取れていれば必要以上に心配しなくてもよいでしょう。しかし、いつもと比べて「顔色がちがう」、「すこしぐったりしている」、「反応がおかしい」という場合は緊急性があると考えて、医療機関に連絡することが望ましいでしょう。

 

発熱で受診すると...

聴診器イメージ カルテイメージ発熱で受診されるとお話を聞いて(問診)、診察を行います。問診では、熱の経過やそれに伴う症状などを中心に聞いていきます。また、これまでの予防接種の状況や保育園に行っているかどうか、兄弟はいるかどうかなど、発熱の原因となりそうな必要な情報をじっくりと聞いていきます。
診察を行い、お薬を処方してご帰宅されたり、お子さんの状況に応じて検査を行ったりしています。検査としては血液検査・尿検査、必要に応じてX線検査などを行い、インフルエンザや溶連菌が疑われる場合は簡易キットによる迅速検査をします。小児の場合は、水分が体内に入ると患者さんも楽になることが多いので、検査と同時に点滴をすることも多くなります。直ぐに結果が出る緊急検査は1、2時間程度で判明しますので、それまでの問診と診察とを合わせて判断します。患者さんの状態によってはそのまま入院を勧めることもあります。
 

発熱の治療

根本的な治療は原因疾患によって異なります。ウイルス感染症による感冒では症状を抑えるための対症療法が中心になりますし、細菌感染症でしたら原因菌を抑えるために抗生物質を使用します。
熱そのものに対しては、高熱であれば解熱剤を使用しますし、保冷剤や冷却シートを用いた「クーリング」も有効です。貼る場所としては背中、首、股など血流の多いところが効果的です。
ただし発熱は体内の免疫機構が細菌やウイルス感染で活性化した結果ですので、解熱剤を使用しなくても自然に下がってくるのが一般的です。
 

感染症の予防について

風邪の原因となるウイルスの種類だけでも200種類を超えるとも言われているので、「子ども時代は、風邪は必ずひくもの」と考えてください。定められた予防接種を受けていれば、通常は重症化は防げますので、定期接種はしっかりと受けるようにしてください。最近は共働きの方も増えて保育園に行くことも多く乳児期から風邪はどうしても引いてしまいます。そのような時は「風邪をひくことで大事な免疫をつけている」というように考えて、必要以上に心配しないことも大事だと思います。

診察で心がけていること

多摩永山病院小児科 今井丈英やはり多くの保護者の方々は、早く原因が知りたいですし、短期間で治って欲しいと思っています。ただ、普通の風邪であっても通常は解熱して体調が戻るのに数日かかりますので、予想される経過を保護者の方には説明し理解してもらうと共に、どういった場合は早めに再受診したほうがよいか説明することを心がけています。
たとえば英語では「back door message」という言葉があるのですが、診察の帰りがけに保護者の方がとても大事なことをおっしゃることもあります。そのため、診察時には「何か気になることはないですか?帰る前に聞いておきたいことはありませんか?」などと積極的に話かけるようにしています。

 

(構成:ブランド推進室)

(この記事は2014年10月取材時点の情報です)

 

プロフィール

【 経歴 】
略歴:1994年日本医科大学医学部卒業、同小児科学教室入局。2002年医学博士号取得。2010年〜12年、カナダ・マニトバ州・ウイニペグ小児病院呼吸器科 visiting researcher(小児呼吸器病学の研修および小児睡眠医療の研究)、同年日本医科大学多摩永山病院小児科・復職。

専門分野:小児科学、小児呼吸器病学、小児睡眠医療

資格:小児科学会専門医、AAST(米国睡眠技師協会)認定睡眠技師

所属委員:・小児呼吸器学会:学術委員・気道異物WorkingGroup委員・小児耳鼻咽喉科学会:評議員および編集委員

こちらの記事は「意気健康 11冬号」の子どもの病気特集に掲載されたものです。