CLOSE
CLOSE

ACCESS

学校法人日本医科大学

〒113-8602
東京都文京区千駄木1-1-5

03-3822-2131

学んで、読んで、いきいきけんこう。 意気健康

その他コンテンツ  学長就任のご挨拶

Webマガジン  学長就任のご挨拶 日本医科大学 学長 弦間昭彦

「伝統の継承」

日本医科大学は、1876年に済生学舎として創設され、創立以来130年以上経た日本最古の私立医科大学です。建学の精神および学是は、「済生救民」と「克己殉公」であり、本学から巣立つ者に医師としてあるべき姿を求めております。
本学の伝統は、「アカデミズムの自由を尊重する校風」と、その「教育理念」に基づいて培われていると考えております。長い歴史を歩んで辿り着いた「アカデミズムの自由」の環境の中で、「愛と研究心を有する質の高い医師、医学者の育成」を教育理念として掲げ、確かな医療知識と技術、そして豊かな人間性を併せ持つ医療人の育成を図り、これまでに1万人を超える臨床医、医学研究者、医政従事者を輩出してまいりました。その中には、細菌学者の野口英世、東京女子医科大学創設者の吉岡弥生、がんワクチンの丸山千里、世界医師会長の坪井栄孝をはじめとする各方面で活躍した著名な医師も含まれております。
創立以来、本学がここまで歩んでこれましたのは、ひとえに皆様のあたたかいご支援とご指導の賜物と、深く感謝しております。

「変革」

本学の教育は、新しい時代に即した生涯の学習姿勢を身につけることに重点を置き、いち早く「能動的学習」を進めてまいりました。また、私立医科大学として初めて重点化された大学院では、広く人材を求め、教育、診療、研究、全ての面で力量を有する教授陣を揃え、一新された大学院棟や大学病院での研究、診療を基に、医学教育を進めてまいりました。
自ら学ぶことを理解した学生や若い医師が、一線の医師の姿から得るものは多く、また、豊かな人間性と優れた技量を有する先輩や同僚との日常は掛け替えの無い教科書になると考えております。
そして、「海外の協定校・協定医療機関における臨床実習」を実現するなど、グローバル化時代の国際人育成の環境作りも進めております。日本の大学教育は、成熟した欧米、躍進するアジアと比較し、いまだ大きな問題を内包しており、改善の余地が大きいと思われます。本学は、今後も医学教育の国際基準を意識した教育改革を進めてまいります。
今後も皆様のご期待に添うべく、精一杯努力してまいりますので、変わらぬご支援、ご指導を賜りますよう何卒お願い申し上げます。

 

 

プロフィール

弦間 昭彦GEMMA AKIHIKO

学校法人日本医科大学 学長

 

 

こちらの記事は「意気健康 15冬号」の巻頭特集に掲載されたものです。