CLOSE
CLOSE

ACCESS

学校法人日本医科大学

〒113-8602
東京都文京区千駄木1-1-5

03-3822-2131

学んで、読んで、いきいきけんこう。 意気健康

京都大学、アトピー性皮膚炎の新たな治療戦略を発見

作成日: 2017.03.01

[出典]

京都大学

京都大学、アトピー性皮膚炎の新たな治療戦略を発見

 京都大学大学院医学研究科椛島健治教授らの研究グループは、九州大学、東京逓信病院、ドイツ、アメリカ、イギリス、ポーランドの研究機関と共同で、アトピー性皮膚炎に対する治療薬として開発中の「抗IL-31受容体ヒト化モノクローナル抗体nemolizumab」に関し、安全性や有効性、最適な投与量などを調べる共同治験を行った。本研究成果は、3月3日付のアメリカの科学誌「The New England Journal of Medicine(NEJM)」電子版に掲載された。
 アトピー性皮膚炎は、皮膚バリア障害、かゆみ、湿疹を主徴とする皮膚疾患で、慢性的に回復と悪化を繰り返すという。また、アトピー性皮膚炎患者におけるかゆみの発生にはインターロイキン-31(IL-31)が、IL-31受容体を介して関与していることが報告されているという。
 そこで本研究グループは、国内外の中等症から重症のアトピー性皮膚炎患者264名を対象に、IL-31受容体の中和抗体の有効性と安全性を検証したところ、重篤な副作用もなく抗IL-31抗体の臨床症状やかゆみに対する有効性が確認されたという。
 今後、IL-31 の制御がアトピー性皮膚炎の新たな治療手段やQOL向上の一助となる可能性が期待される。